Annie Hall (1977) / アニー・ホール

アニー・ホール(Annie Hall)は、1977年制作のアメリカ映画。ウディ・アレン監督によるロマンスコメディ。脚本はマーシャル・ブリックマン(marshall brickman)との共同執筆。ウディ・アレン作品のなかで最も人気があるものの1つ。作品公開当時は、アカデミー賞をふくむ数々の賞を受賞した。長い会話や、長回し、陽気さと傷心にテーマをおくなどの、現在までに至るアレン映画のスタイルを確立した作品。

 ・ amazon : Annie Hall (1977) / アニー・ホール
 ・ amazon prime : Annie Hall (1977) / アニー・ホール
 ・ U-NEXT : Annie Hall (1977) / アニー・ホール
 ・ Youtube : Annie Hall (1977) / アニー・ホール

Annie Hall (1977) / アニー・ホールのあらすじ

この映画はニューヨークとロサンゼルスに舞台を置く。
ウディ・アレンは死に取りつかれたコメディアン、アルビー・シンガーを演じる。明るい性格のアニー・ホール(ダイアン・キートン)との関係を保とうとしている。2人の数年にわたる関係が語られ、それぞれの過去にあった様々な出来事を途中に挟みながら進行する(アニーはアルビーが子供のころの家族を「見る」ことができ、アルビーも同様にアニーの過去の恋人とのやりとりを観察している)。彼はブルックリンで育ち、彼の父はバンパーカー(bumper cars)の営業をしていて、彼の家はコニーアイランドのローラーコースターの下にあることが、アルビーの回想場面からわかる。

数年後、口論と仲直りが何度も続き、自分たちは相性がわるいし、別れるだろうと2人は悟る。アニーはハリウッドレコード会社の経営者(ポール・サイモン)のもとに引っ越してしまう。アルビーは結局、未だに彼女を愛していることに気付き、ニューヨークの自分の所に戻ってくるよう説得するが、うまくいかない。あきらめたアルビーは自分たちの関係について芝居を書くためにニューヨークに戻る。この芝居のエンディングは、彼が彼女を取り戻すのに成功するというものだった。のちに彼らは友人として良好な関係で再会し、そのとき2人にはすでに別の恋人がいた。愛と人の関係はしばしば痛みをともない、複雑なものにもかかわらず、誰もが必要としているのだと思いを巡らせながら、アルビーは映画を終わらせる。

  • コメント: 0

関連記事

  1. The Way We Were (1973) : 追憶

  2. Love Story (1970) / ある愛の詩

  3. Last Tango in Paris (1972) : ラストタンゴ・イン・パリ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。