Out of Africa (1985) / 愛と哀しみの果て

愛と哀しみの果て(Out of Africa)は、1985年公開のアメリカ映画。配給会社はユニヴァーサル映画で、監督はシドニー・ポラック。主演はメリル・ストリープ、ロバート・レッドフォード。1937年に出版されたアイザック・ディネーセンの小説『アフリカの日々』をカート・リュードックが脚色。
第58回アカデミー賞作品賞ならびに第43回ゴールデングローブ賞ドラマ部門作品賞受賞作品。

 ・ amazon : Out of Africa (1985) / 愛と哀しみの果て
 ・ amazon prime : Out of Africa (1985) / 愛と哀しみの果て
 ・ U-NEXT : Out of Africa (1985) / 愛と哀しみの果て
 ・ Youtube : Out of Africa (1985) / 愛と哀しみの果て

Out of Africa (1985) / 愛と哀しみの果てのあらすじ

物語は1913年のデンマーク、裕福だが未婚のカレン・ディネーセン(メリル・ストリープ)が、友人のブロア・ブリクセン男爵(クラウス・マリア・ブランダウアー)に「便宜上の結婚」を申し入れるところから始まる。ブロアは貴族社会の一員であるものの、経済的に不安定になっていたため結婚に同意し、2人はアフリカに移住して酪農場を始めることを計画する。

英領東アフリカへの到着時、カレンはブロアとの簡単な結婚式を挙げ、男爵夫人ブリクセンとなる。カレンは、様々な植民地の住人たち(多くは英国人)と出会い、友人となる。また、大物を獲るハンターのデニス・フィンチ・ハットン(ロバート・レッドフォード)とも出会い、親密になっていく。しかし、ブロアが酪農場ではなくコーヒー農場を買うためにカレンのお金を使ってしまい、物事は彼女の期待していたものとは異なっていく。ブロアは、コーヒー農場に対しても本気を示さず、代わりにハンターになりたいと思っているのだった。便宜上の結婚であったとはいえ、カレンはブロアを想うようになるのだが、彼の浮気を知り悩まされる。さらに悪いことに、カレンはそんな夫のために(当時、命に関わる病だった)梅毒に罹ってしまい、デンマークに戻ることを余儀なくされてしまう。新薬サルバルサンによる長く辛い治療が必要であった。ブロアは彼女がいない間、農場の世話をすることに同意した。

カレンが回復してアフリカに戻った後、第一次世界大戦は終わりを迎えようとしていた。しかし、浮気性のブロアとカレンの結婚生活が変わらないのは明らかで、ついにカレンは、ブロアに家から出ていくことを求める。それからカレンとデニス・フィンチ・ハットンとの仲が深まり、2人は恋人同士になる。カレンは、2人の間を継続的な関係にしようと試みるが、やがてデニスのことを、まるでアフリカそのもののように、手にすることも手なずけることもできない人なのだと知る。デニスは、ぜいたく・所有・肩書きといったヨーロッパの習慣よりも、雄大な土地で牧畜生活を営むマサイ族の自由で素朴なアフリカを好んでいた。

関連記事

  1. When Harry Met Sally… (1989) : 恋人たちの予感

  2. On Golden Pond (1981) : 黄昏

  3. An Officer and a Gentleman (1982) : 愛と青春の旅だち

  4. Moonstruck (1987) / 月の輝く夜に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。