The African Queen (1951) / アフリカの女王

アフリカの女王(The African Queen)は、1951年のアメリカ・イギリス合作の映画である。
『ホーンブロワー』シリーズでつとに有名な、海洋冒険小説の大家、セシル・スコット・フォレスター(C・S・フォレスター)の同名の原作を、ジョン・ヒューストンが映画化した。
ハンフリー・ボガートは、この作品で念願のアカデミー主演男優賞を受賞した。

 ・ amazon : The African Queen (1951) / アフリカの女王
 ・ amazon prime : The African Queen (1951) / アフリカの女王
 ・ U-NEXT : The African Queen (1951) / アフリカの女王

The African Queen (1951) / アフリカの女王のあらすじ

場所は、ドイツ領東アフリカの奥地。イギリス人女性ローズ・セイヤー(キャサリン・ヘップバーン)は宣教師の兄とともに、布教活動をしていた。しかし第一次世界大戦が勃発し、住民達は無理矢理徴収され、村は焼き払われ、そしてそのショックから兄は死んでしまう。
ローズは、おんぼろ船「アフリカの女王」の船長でのんだくれのイギリス人、チャールズ(ハンフリー・ボガード)に助けられる。ところが、ローズは突拍子もないことを言い出す。川下の湖に浮かぶ、東アフリカ最強とされるドイツの砲艦「ルイザ号」を、酸素ボンベと爆発性ゼラチンで作ったお手製の魚雷で攻撃、沈没させようというのだ。途中にドイツ軍の砦や航行不能の激流や大瀑布があり、自殺行為だと反対したチャールズだったが、頑固なローズを前にしぶしぶ承諾させられる。
性格がまるで正反対の2人だったが、いがみ合いつつお互いに惹かれていく。しかし、2人を待ち受けていたのは想像を絶する数々の困難だった…。はたして作戦は成功するのか。そして2人の運命は!?

関連記事

  1. Singin’ in the Rain (1952) / 雨に唄えば

  2. From Here to Eternity (1953) / 地上より永遠に

  3. An Affair to Remember (1957) / めぐり逢い

  4. Gigi (1958) : 恋の手ほどき

  5. Vertigo (1958) / めまい

  6. Roman Holiday (1953) / ローマの休日

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。