An Affair to Remember (1957) / めぐり逢い

めぐり逢い(An Affair to Remember)は、1957年制作のアメリカ映画。レオ・マッケリー監督。主演はケーリー・グラントとデボラ・カー。
本作はマッケリーが1939年に制作した映画『邂逅』(Love Affair)のリメイクである。多くのシーンは前作と同じ内容となった。

 ・ amazon : An Affair to Remember (1957) / めぐり逢い
 ・ amazon prime : An Affair to Remember (1957) / めぐり逢い
 ・ NetFlix : An Affair to Remember (1957) / めぐり逢い
 ・ U-NEXT : An Affair to Remember (1957) / めぐり逢い
 ・ Youtube : An Affair to Remember (1957) / めぐり逢い

An Affair to Remember (1957) / めぐり逢いのあらすじ

プレイボーイの画家ニッキー(ケーリー・グラント)はオーシャン・ライナー乗船中にテリー(デボラ・カー)と出会う。お互いにすでに婚約者がいながらも、恋に落ちる二人。6か月後にエンパイア・ステート・ビルディングでの再会を約束して二人は別れる。
婚約者と別れ、約束の日、ニッキーはエンパイア・ステート・ビルディングに向かい、閉館までテリーを待ち続けるが、テリーは現れなかった。実はテリーは約束の場所に急ぐ途中で交通事故に遭ってしまっていた。
テリーの怪我の状態は深刻で、この先車椅子での生活を余儀なくされることになる。ニッキーの重荷となりたくないと思ったテリーはニッキーとの再会を諦める。

関連記事

  1. The African Queen (1951) / アフリカの女王

  2. Gigi (1958) : 恋の手ほどき

  3. The King and I (1956) : 王様と私

  4. From Here to Eternity (1953) / 地上より永遠に

  5. Roman Holiday (1953) / ローマの休日

  6. Singin’ in the Rain (1952) / 雨に唄えば

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。