Singin’ in the Rain (1952) / 雨に唄えば

雨に唄えば(あめにうたえば、原題:Singin’ in the Rain)は、アメリカのポピュラーソング及びそれを主題歌にした1952年公開のミュージカル映画。『トップ・ハット』『バンド・ワゴン』『巴里のアメリカ人』などと並ぶミュージカル映画の傑作として知られる。
サイレント映画からトーキー映画に移る時代を描いたコメディあふれるバックステージ(舞台裏)・ミュージカル。ハリウッドを代表する名作のひとつであり、今なお、色あせることなく輝きを放っている。
特にジーン・ケリーが土砂降りの雨の中で、主題歌を歌いながらタップダンスを踊る場面は、映画史に残る名シーンとされる。

 ・ amazon : Singin’ in the Rain (1952) / 雨に唄えば
 ・ U-NEXT : Singin’ in the Rain (1952) / 雨に唄えば

Singin’ in the Rain (1952) / 雨に唄えばのあらすじ

サイレント映画全盛の時代、俳優ドン(ジーン・ケリー)と大女優リナ・ラモント(ジーン・ヘイゲン)はドル箱の映画スターであり、大スター同士のカップルともてはやされていた。しかし実際は、リナが一方的にドンに惚れているだけであった。そんな中、ドンは駆け出しの女優キャシー(デビー・レイノルズ)と恋仲になってしまう。
やがて世界初のトーキー「ジャズ・シンガー」が大成功をおさめたことにより、ハリウッドにトーキーの波が押し寄せる。
そこで彼らの映画会社では、当時作りかけだったドン&リナのサイレント映画を無理矢理トーキーにすることに決定。しかしながら、トーキーのノウハウを知らなかったことに加え、一番の問題はリナが致命的な悪声の持ち主であったために映画の試写会は散散な結果に終わる。そんな映画を公開したら俳優人生が崩壊してしまうと危機を感じたドンとその親友コズモ(ドナルド・オコナー)、キャシーの三人は映画をミュージカルに作り替えることを思い立つ。あとはリナの声をどうするのかが問題だったのだが…。

関連記事

  1. Gigi (1958) : 恋の手ほどき

  2. The African Queen (1951) / アフリカの女王

  3. An Affair to Remember (1957) / めぐり逢い

  4. Vertigo (1958) / めまい

  5. Roman Holiday (1953) / ローマの休日

  6. The King and I (1956) : 王様と私

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。