Beauty and the Beast (1991) : 美女と野獣

美女と野獣(びじょとやじゅう、Beauty and the Beast)は、フランスの民話『美女と野獣』(J・L・ド・ボーモン夫人版)を元に1991年に制作されたディズニーの長編アニメーション映画作品である。
 アニメ映画史上初のアカデミー賞作品賞ノミネート作品(第64回)である。また、作曲賞と歌曲賞を受賞した。
26年の時を経て、2017年 エマ・ワトソン主演で実写化され公開された。

 ・ amazon prime : Beauty and the Beast (1991) / 美女と野獣
 ・ Youtube movie : Beauty and the Beast (1991) / 美女と野獣

Beauty and the Beast (1991) / 美女と野獣のあらすじ

 森の奥にある城にとても傲慢な王子が住んでいた。ある日の夜、醜い老女が城を訪ね、一輪のバラをあげるかわりに城に一晩泊めてほしいと頼む。しかし王子はそれを断り、老女がもう一度頼んでも王子は聞く耳を持たず、追い返そうとした。するとその瞬間に老女は美しい魔女に変わり、優しい心を持たない王子と、王子をそのように育てた召使いたち、さらにその城全体に魔法をかけてしまう。そして王子は恐ろしい野獣の姿に、召使いたちは家財道具の姿になってしまった。魔女はどんな物をも映し出す魔法の鏡、そして初めに見せた一輪のバラの花を置き消えていった。そのバラの花びらが全部散るまでに、王子が人を愛し人に愛されるという「真実の愛」を見つけなければ、王子たちにかけられた魔法が解けることはない。

 それから十年の歳月が流れた。とある街に住む発明家モーリスの娘・ベルは街一番の美貌の持ち主で、読書と空想が大好きな父親想いの娘だった。読書好きで夢見がちゆえに静かで平凡な街の暮らしに馴染めないベルは、街一番のハンサムで人気者だが乱暴で下品なうぬぼれ屋であるハンターのガストンの求婚にも辟易していた。
モーリスが発明大会に出かけた日、愛馬フィリップが父を乗せぬまま戻ってきたのを見たベルは、父に何かあったに違いないと考え、フィリップと共にモーリスとはぐれた森の奥地の城へとやってくる。フィリップとはぐれ、城に行き着き一夜の宿を頼んだモーリスは、城の主である野獣に不法侵入者として牢に捕らえられていたのだ。解放を願うベルが、父の解放と引き換えに自分が城に留まることを申し出ると、野獣はその条件を受け入れ、反対するモーリスを強制的に魔法の馬車に乗せ街へと追い返す。
 こうして城に残ることになった失意のベルは、蝋燭のルミエール、置き時計のコグスワース、ポットのポット夫人ら、家財道具に変えられた城の召使たちの歓待を受け気を取り直すが、礼儀知らずで我がままな野獣の凶暴な振る舞いに耐えかね、城を飛び出してしまう。吹雪の中で野生の狼に襲われるが、すんでの所で駆けつけてきた野獣に救われる。その事件をきっかけに、ベルは醜く横暴な野獣の心の中に残る優しさに気づき、野獣も彼女の優しさに触れ、お互いに心を通わせるようになる。日々をともに過ごしていく中で野獣は徐々に人間らしい心を取り戻していき、ベルに想いを寄せるようになる。そしてベルもまた、野獣に惹かれていくのだった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Sleepless in Seattle (1993) : めぐり逢えたら

  2. Ghost (1990) : ゴースト/ニューヨークの幻

  3. Notting Hill (1999) : ノッティングヒルの恋人

  4. Titanic (1997) : タイタニック

  5. Les Amants du Pont-Neuf (1991) : ポンヌフの恋人

  6. Pretty Woman (1990) : プリティ・ウーマン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。