Ghost (1990) : ゴースト/ニューヨークの幻

ゴースト/ニューヨークの幻(Ghost)は、1990年のアメリカ映画。恋愛映画。監督は『裸の銃を持つ男』や『フライング・ハイ』などのコメディを得意とするジェリー・ザッカー。キャスト:トリック・スウェイジ、デミ・ムーア、ウーピー・ゴールドバーグ

 ・ amazon prime : Ghost (1990) : ゴースト/ニューヨークの幻

Ghost (1990) / ゴースト/ニューヨークの幻のあらすじ

舞台はニューヨーク。
温厚誠実な銀行員【サム・ウィート】(パトリック・スウェイジ)は、陶芸家として成功しつつある最愛の恋人【モリー・ジェンセン】(デミ・ムーア)と幸せな時間を過ごし、同僚の友人【カール・ブルーナー】(トニー・ゴールドウィン)とも良好な関係を維持しながら順調に仕事をこなし、平和な日々を送っていた。
ある日、銀行のオフィスで、サムはコンピュータにある口座のデータに異変を発見した。カールが手伝おうとしたが、サムは断り残業して調べる…。
後日、サムとモリーが「マクベス」を観劇しての帰り道、モリーがサムに自分の心を打ち明けた。「貴方と結婚したい」。今まで、彼女が避けていた問題だったのでサムは驚く。悩むサムに、モリーはなぜ「愛してる」と言葉にしてくれないのかと問い詰める。「愛してる……」とモリーが言うと、サムは必ず「Ditto(同じく)」と答えていた。

しかしそのとき、暗がりから一人の暴漢がサムを襲った。もみあいになり暴漢が持っていた拳銃が発砲された。暴漢は逃げ、サムは諦めて戻ると、モリーが血だらけの自分を抱いていた。サムは死んでゴーストになってしまった。
ゴーストになったサムはモリーのアパートで彼女と共にいた。サムは彼女には見えないし話しても聞こえない。カールはサムが死んでモリーに近づいていくようになり、モリーは断ったが気分転換の散歩は承諾する。2人が散歩に出かけると、ある男がモリーのアパートに侵入して来た。サムは驚愕した。それは自分を襲い、殺した張本人だった。サムはその男に殴りかかるが空を切るばかり。そこにモリーが帰ってきてしまい、サムは危険を知らせようとするが効果がない。咄嗟にサムはモリーの猫【フロイド】をけしかけて男を追い出し、後を追った。

地下鉄に乗ったサムを見知らぬ男【サブウェイゴースト】(ヴィンセント・スキャヴェリ)が「ここは俺の縄張りだ!」と襲ってきた。その男もゴーストだったのだ。その場を逃れて、追跡したサムは男のアパートを突き止めた。名前は【ウィリー・ロペス】(リック・アビルス)。アパートを出ると、近くに霊媒師の看板を見つけ、サムは中へ入った。何やらインチキ臭い霊媒師【オダ=メイ・ブラウン】(ウーピー・ゴールドバーグ)が客を相手にしていた。彼女がやっていることは明らかにインチキだったが、サムが声を出すとオダ=メイは反応したのだ。彼女はそのとき初めて霊媒師として才能を開花させた。
サムはオダ=メイをなんとか説得し、モリーに会わせた。サムしか知らないことをオダ=メイは言って信じることになる。自分を殺した犯人がウィリーだと言わせた。

関連記事

  1. Notting Hill (1999) : ノッティングヒルの恋人

  2. Les Amants du Pont-Neuf (1991) : ポンヌフの恋人

  3. Sleepless in Seattle (1993) : めぐり逢えたら

  4. Beauty and the Beast (1991) : 美女と野獣

  5. Pretty Woman (1990) : プリティ・ウーマン

  6. Titanic (1997) : タイタニック

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。