Titanic (1997) : タイタニック

タイタニック(Titanic)は、ジェームズ・キャメロン監督・脚本による1997年のアメリカ映画。1912年に実際に起きた英国客船タイタニック号沈没事故を基に、貧しい青年と上流階級の娘の悲恋を描いている。主演はレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット。同監督の『アバター』に抜かれるまで映画史上最高の世界興行収入を記録し、ギネスブックに登録されていた。
1998年のアカデミー賞において、作品賞、監督賞、撮影賞、主題歌賞、音楽賞、衣裳デザイン賞、視覚効果賞、音響効果賞、音響賞、編集賞の11部門で受賞した。また、セリーヌ・ディオンが歌う主題歌「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」も大ヒットした。

 ・ amazon prime : Titanic / タイタニック 1997
 ・ U-NEXT : Titanic (1997) : タイタニック
 ・ Youtube : Titanic (1997) : タイタニック

Titanic (1997) / タイタニックのあらすじ

1912年4月10日、イギリスのサウサンプトン港から当時史上最大の豪華客船タイタニックはニューヨークへと向けた処女航海へと出発した。貧しい青年ジャック・ドーソンは、出港直前にポーカーで船のチケットを手に入れ、友人のイタリア青年ファブリッツィオ(レオナルド・ディカプリオ)と共にタイタニックに乗船する。一方、上流階級の令嬢だったローズ・デウィット・ブケイター(ケイト・ウィンスレット)も、その婚約者のキャルドン・ホックリーと未亡人となった母と共にタイタニックへと乗船するが、半ば強制された婚約に気分は晴れないでいた。ブケイター家は破産寸前で母親がホックリー家の財産を目当てにした結婚を強制したのである。
午後0時00分、正午きっかりにタイタニックは数多くの見物人や見送りの人々の歓声に包まれてサウサンプトンを後にする。故郷であるアメリカに帰れることになった画家志望のジャックは、政略結婚のためにアメリカに向かうイギリスの上流階級の娘ローズと運命的な出会いを果たし、2人は身分や境遇をも越えて互いに惹かれ合う。
しかし、航海半ばの4月14日午後11時40分、波一つない水平線の向こうに、見張り員はぼんやりとたたずむ白い影を発見する。それはタイタニックの針路に横たわる巨大な氷山の姿だった。「針路正面に氷山!!」。見張員から直進すると氷山に衝突すると報告を受け、当直士官(船長に代わって船を指揮する士官)のマードック一等航海士は「取舵一杯、後進全速」の号令をかけたが、衝突を回避することは出来ず、タイタニックは氷山の横を擦るように衝突した…。

関連記事

  1. Les Amants du Pont-Neuf (1991) : ポンヌフの恋人

  2. Notting Hill (1999) : ノッティングヒルの恋人

  3. Beauty and the Beast (1991) : 美女と野獣

  4. Ghost (1990) : ゴースト/ニューヨークの幻

  5. Sleepless in Seattle (1993) : めぐり逢えたら

  6. Pretty Woman (1990) : プリティ・ウーマン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。